しながわ水族館
素敵な発見、新しい出会い! 最新ニュース わくわく♪イベント 水族館の人気者たち ブログ
人気スポット ご案内 団体でお越しの方 周辺施設
トップ > 水族館の人気者たち > 見どころ生物・水槽 > ピラニアの赤ちゃん

見どころ生物・水槽

ピラニアの赤ちゃん

地下1階の「珍しい魚たち」のコーナーで展示している、ピラニア。ピラニアにもいくつか種類がありますが、しながわではピラニア・ナッテリーを展示しています。

ピラニア

そのピラニア・ナッテリーに10月28日に「赤ちゃんが生まれました」。いえ、正確には「赤ちゃんを発見しました」なのです。発見した場所は濾過水槽。親たちがいる展示水槽と濾過水槽はパイプでつながっています。いつの間にか展示水槽内で卵が産み落とされ、いつの間にか孵化をし、いつの間にか濾過水槽に流れ着き、というわけです。

ピラニアの赤ちゃん

その赤ちゃんは、透明の体で内臓までよく見えます。下顎から突き出した牙のような歯はみられず、あの獰猛なイメージを持たれる親たちの姿からは想像もできないような、かわいらしい姿です。尾の付け根の黒い斑点もアクセントになっていて、ピラニアと知らされずにいたら「あら、かわいい熱帯魚ね。」とか「グッピーかしら。」とか言われそうです。

アルテミアを食べているところ
大きさがわかりますか?
アルテミアを食べているところ
大きさがわかりますか?

それでも、すでに肉食魚の片鱗を見せ始めています。餌のアルテミア(動物プランクトン)だけでは足りないのか、なんと共食い(ともぐい)し出したのです。まだおちょぼ口なのに自分と変わらない大きさの魚を食べてしまうのには驚きました。アルテミアを食べ尽くしても、眼をきょろきょろさせ、つねにちょこちょこ泳ぎ回っては、空腹を満たすための獲物を探し回っているように見えます。飼育員の気分としてはあまり共食いはしないでほしい、のですが、早く身も心もピラニアらしいピラニアに育ってほしいものです。

赤ちゃんピラニアは、「世界の大河から」水槽前で展示中です。


前のページへ
ページのトップへ

Copyright SHINAGAWA AQUARIUM, Inc. All rights reserved. 施設概要 お問合わせ プライバシーポリシー サイトマップ