しながわ水族館
素敵な発見、新しい出会い! トップ 最新ニュース わくわく♪イベント 水族館の人気者たち
人気スポット ご案内 団体でお越しの方 周辺施設
トップ > 最新ニュース

最新ニュース


2016年に発見された!新種のクリオネ「ダルマハダカカメガイ」を公開します

2016年に新種として発見されたクリオネの仲間「ダルマハダカカメガイ」と、一般的なクリオネ「ハダカカメガイ」の2種を公開します。
※生物の状態によっては公開を短期間で終了する場合もございます、ご了承ください。

クリオネは巻貝の仲間で、裸殻翼足目らかくよくそくもくに分類されます。文字通り殻を持たない巻貝の仲間で、胴体の前部に翼のような翼足を1対有するのが特徴です。この翼足よくそくを羽ばたかせるように動かして遊泳します。北極海や南極海などの周辺の寒流域に生息しています。 クリオネは英名でSea Angel(海の天使)と呼ばれています。 ダルマハダカカメガイは、クリオネの仲間としては約100年ぶりに新種として発見されました。

今回公開するものは北海道は網走のオホーツク海沿岸で採集されたものです。 2017年には富山湾でも新種のクリオネが発見されていて、現在クリオネの仲間は5種が知られています。

期間 平成30年4月25日(水)〜


■ダルマハダカカメガイ
学名:Clione okhotensis
2016年に新種として報告されたクリオネの仲間です。10年ほど前から存在は確認されていましたが、これまでは別の生物と思われていたようです。体長は8oほどと一般的なクリオネよりも小さく、体全体が赤く、ずんぐりとした体型、翼足よくそく(翼のように見える部分)が小さいのが特徴です。北海道のオホーツク海沿岸で確認されています。


■ハダカカメガイ
学名:Clione limacina
一般的に知られているクリオネです。体長は大きいもので3〜4cmほどになり、体色は半透明で内臓が透けて見えます。翼足よくそくを羽ばたかせるようにして遊泳します。日本近海では北海道の北部で、流氷の接近する2月頃まで見ることができます。




〜ヒメタツの赤ちゃん公開中!〜

3月14日に産まれたヒメタツの赤ちゃんです♪
バックヤードの水槽に一旦収容して世話をしていましたが、スクスクと育っているので公開いたします。よーく目を凝らして見てくださいね♪

公開 平成30年3月27日(火)〜
展示場所 「珍しい魚たち」コーナー
 ※ヒメタツ展示水槽にて親魚と一緒に公開しております。



ダンゴウオの稚魚を公開しています!!

3月14日(水)から開催している春の特別展「海の危険ないきもの大集合」で、3月19日(月)にふ化したかわいすぎて危険!?なダンゴウオの稚魚を展示しています。 小さいころはダイバー達から「天使の輪」とよばれるかわいらしい模様をしています。 とっても小さいのですが、目を凝らすと独特の模様が確認出来ます。 是非、ご覧ください!

公開 平成30年3月23日(金)〜



春の特別展「海の危険ないきもの大集合〜マジでやばい生物やつらたち!!」

海に生息する危険な生物をテーマとした展示を実施。夏の海水浴シーズンを前に様々な危険生物が存在することをご紹介し、楽しみながら学べる展示内容となっています。危険な毒針をもった生物、食べると危険な毒を体内にもつ生物、刺されると危険なトゲをもつ生物、咬まれると危険な歯を持つ生物を全部で約30種を展示 します。

■展示生物
シビレエイ(発電)、ガンガゼ(棘)、ウモレオウギガニ(中毒)、ウミケムシ(刺毒) ヤシガニ(ハサミ)、ノコギリガザミ(ハサミ)、クマドリ(咬)、モンハナシャコ(パンチ)、オニヒトデ(刺毒)、ラッパウニ(刺毒)、ヒョウモンダコ(咬毒)、ヌノサラシ(粘液毒)、ダンゴウオ(かわいい)、オニダルマオコゼ(刺毒)など
※()内は危険な要素となります。新たに展示される生物となります。
※状況により展示生物は変更になる場合がございます。

期間 平成30年3月14日(水)〜5月7日(月)
場所 地下1階 多目的ホール内他、館内


シロワニ ※説明不要!

ヒョウモンダコ  ※フグと同じ毒!
主食は魚やイカ・タコだがサメの中では5番目に人との事故が多い種類。 咬まれると痺れや言語障害に、最悪の場合は全身麻痺で死亡することも。

オニダルマオコゼ ※背びれに注意!

ダンゴウオ  ※かわいすぎて危!?
毒はハブの数十倍で、一匹の毒で大人4人が死ぬほどの毒を持つ。 成長しても2cmほどの体長で体色はオレンジや緑、ピンクなど様々で、その違いは食べ物や環境で変わると考えられている。

■限定メニュー・グッズについて
★レストラン ドルフィン 期間限定メニュー(1日10食)※無くなり次第終了
 西洋では海の悪魔と恐れられたタコをふんだんに使用した和風のスパゲティです。
 ※5月3日(木)〜5日(土)は販売を休止いたします。

タコと海藻の和風スパゲティ 1,274円(税込)

★マリンショップ シーガル 限定グッズ
 展示される生物のぬいぐるみを販売します。

マダラトビエイ  1,620円(税込)

ヒョウモンダコ   1,296円(税込)


アザラシ館に新しいゴマフアザラシが仲間入り!

2018年1月23日(火)に新潟市水族館 マリンピア日本海から新しい仲間のゴマフアザラシが引っ越して来ました。当時は健康管理確認のため別のプールで飼育しておりましたが、環境にもなれてきたので1月31日(水)に他のアザラシと一緒にしました。色々なことに興味津々で、まだまだやんちゃなお年頃のホシをご覧にしながわ水族館へ是非お越しください。

■ゴマフアザラシ情報
愛 称:ホシ
性 別:オス
誕生日:2015年3月21日(土)

公開 平成30年1月31日(水)〜




真珠取出し体験イベント

好評につき開催期間を延長します。
養殖アコヤ貝からお客様ご自身が真珠を取り出す体験イベントを実施いたします。
お客様ご自身で貝を選定した後、バターナイフを使って貝を開けますので、どなたでも簡単にきれいな真珠をを取り出すことができます。取出した真珠はネックレスや指輪、ピアス等に加工することもできます。(別途加工費用が必要です)
是非、しながわ水族館へ足をお運びください。

※貝が無くなり次第、イベントを終了する場合がございます。予めご了承ください。

日程   平成30年9月30日(日) まで
開催時間 10時30分〜16時
体験料   1,000円(税込)※別途、水族館入館料が必要です。
体験時間 およそ5分程度
 ※ネックレス等への加工を希望される方はさらに5分 〜 10分程度必要
実施場所 地下1階 「海の宝石箱」前
 ※状況によっては実施場所や日程が変更になることがございます。





イルカにタッチ!!

プールサイドから水面にいるイルカとふれあう有料体験プログラムです。

期間  平成28年10月22日(土)〜 
時間  平日11:30/土日祝13:00 各回先着5名
参加費 500円/名 (別途入館料が必要です)
 ※開館時間より受付カウンターにて受付
対象  4才以上 
 ※段差やせまい場所を通る為、ご自身で歩ける方が対象です。


■ご注意とお願い
・4才以上の方からご参加いただけるプログラムです。
 ※未就学児の方は、保護者の方の付添が必要です。付添のみの方は、参加費は不要です。
・プールサイドにしゃがみ、イルカとふれあうプログラムです。
 ※プールに物を落とさないよう、十分ご注意ください。
 ※ベビーカーはプールサイドにはお持込みいただけません。
 ※お子様をおんぶや抱っこしての体験、または付添はできません。
・濡れた場所や段差を歩きます。足元にご注意ください。
・参加にあたっては、スタッフの指示に従ってください。
・体験中の、ご本人または付添の方による写真撮影はご遠慮いただいております。
 スタジアム観覧席からの撮影はご自由にお撮りいただけます。
・雨天時でも、傘をさしての体験はできません。ご了承ください。
・集合時間に遅れますと、プログラムにご参加いただけませんので、ご注意ください。
・参加費の払い戻しは致しかねます。

※生き物の状況や天候により、プログラムが変更、または中止になることがございます。



シルバー料金

平成22年4月1日(木)から、しながわ水族館の入館料にお得なシルバー料金ができました!

対象:65才以上の方
★品川区在住の65才以上の方は更にお安くなります!

住所の確認が必要となります。

詳しくはこちらから。


前のページへ
ページのトップへ

Copyright SHINAGAWA AQUARIUM, Inc. All rights reserved. 施設概要 お問合わせ プライバシーポリシー サイトマップ